ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » グループホームの開設に必要な基礎知識

グループホームの開設に必要な基礎知識

グループホームをはじめて開設するときには、「何を準備すればいいのか」「資金はどれくらい用意しなければいけないのか」といった疑問が浮かぶのではないでしょうか。ここでは、開設に必要な基礎知識をまとめました。ぜひ参考にしてください。

障がい者グループホームの開業スケジュール

障がい者グループホームを開設するため必要な手続きは、大まかに分けると以下の5つのステップで進みます。。

申請などの作業は3〜4ヶ月あれば一通り進められますが、事業準備にはかなりの時間が必要です。物件の選定や資金調達、事業計画の立案など、約1年は見ておいた方がいいでしょう。開業日は毎月1日付で設定されます。

障がい者グループホームの利用者

障がい者グループホームは、高齢者のみを対象とする老人ホームとは違い、18歳〜65歳まで入居できる施設です。また、一般的には65歳までの年齢が括られていますが、これは規則ではありません。障がい者グループホームは、さまざまな目的・ライフスタイルに合わせて利用されます。

24時間過ごす人もいれば時間帯を区切って利用する人もいます。多くの利用シチュエーションが想定されるのが障がい者グループホームです。

グループホームの開設に必要な準備は?

グループホームの開設には、綿密な準備が必要です。手続きが煩雑なので、順番通りにおこなっていきましょう。

グループホーム開設は、個人ではできません。まだ法人設立をしていない場合は、法人設立からスタートします。会社の基本事項を決めて、資本金を準備、印鑑を作成し、登記書類を準備してから法務局に提出します。

法人設立が完了したら、グループホームの準備です。グループホームは設備・人員・運営の基準をクリアしなければいけません。すべての条件を満たしてから、市町村に指定申請をおこないます。指定を受けられたら、グループホームの運営スタートです。

グループホームの開設に必要な準備
についてはこちら

グループホームの開設に必要な費用は?

グループホームの開設には、大きな費用が必要です。小規模での開設の場合で1,000万円を考えておくといいでしょう。費用の内訳は、賃貸契約の費用や賃貸物件の改装費用、人材確保費用、事務機器購入費用などです。グループホームでは、規定の条件を満たすようにリフォームする必要があります。入居人数が増え規模が大きくなれば、より高額の資金が必要です。

開設費用を抑えたい場合は、フランチャイズという選択肢もあります。フランチャイズなら、資金のサポートを受けられることから、1,000万円かかるところを500万円で開設できるなど、初期費用を大幅に抑えられます。他にも運営面で様々なサポートを受けられるメリットもあるので、フランチャイズも検討してみるといいのではないでしょうか。

グループホームの開設に必要な費用
についてはこちら

フランチャイズでグループホームを開業するメリット・デメリット

比較的少資本で開業可能なグループホームは、ビジネスとして成功している事例も多くあります。

ただ、あまりノウハウがない場合に、イチから自分で始めることに不安がある場合には「フランチャイズ」という方法も検討する余地があります。その場合のメリットとしては、ノウハウがなくても、経営面をサポートしてくれることでしょう。介護福祉施設は、自治体との連携や、介護保険の申請、各種許認可、保険申請など、専門家ではないとわからないことが多くあります。一方では、デメリットも存在します。その例としては、原則的にはフランチャイズ本部の経営方針などに従うことになりますし、ロイヤリティなどのこともあります。フランチャイズを利用するときは、さまざまなケースを想定して、慎重に選択してください。

フランチャイズでグループホームを開業するメリット・デメリット
についてはこちら

グループホーム開業後に押さえたいポイントは?

せっかくグループホームを開業して、入居者さんも順調に集まっていても、経営を継続するためのポイントを押さえておかなければ経営は行き詰まってしまう恐れもあります。

入居者さんに対する介護サービスの充実はもちろんですが、実地指導や法律改正、スタッフの教育問題など、押さえておくべきポイントは多数あります。法律関係では、定期的に実施される自治体の実地指導に則した運営をすることと、法律の改定に対して、人族に対応することが大切になります。

また、スタッフに関する項目では、スタッフの育成とケアによって、介護サービスの向上や、スタッフの離職防止を図ります。人員配置や業務割り当てを入念に行うことで、スタッフのモチベーションを維持することも重要です。

グループホーム開業後に押さえたいポイント
についてはこちら

グループホームの人員基準は?

グループホームを運営するときは、各部署に人員配置する際に、人員基準が設けられています。ただ人数を確保するだけではなく、雇用形態や資格の所持などの条件もあるため、確認しておきましょう。ここではグループホーム開設における人員基準の詳細説明や、よくある勘違いしやすい項目についてわかりやすく説明しています。

グループホームの人員基準
についてはこちら

共生型グループホームとは?

共生型グループホームとは、数多くあるグループホーム運営形態の一種です。身体・精神障がい者と高齢者が一緒になって生活をします。自分らしく生活でき、地域の方とコミュニケーションを取りやすい共生型グループホームは、近年注目されているのだとか。ここでは共生型グループホームならではの特徴やメリット・デメリットをわかりやすく説明しています。

共生型グループホーム
についてはこちら

障がい者グループホームでありうるトラブルと対策

集団生活を送るとさまざまなトラブルが発生します。特に障がい者グループホームでは、利用者の目を離せず、スタッフの業務過多になりやすいのもの。障がい者グループホームで起こりうるトラブルを、利用者・スタッフそれぞれで具体的なシチュエーションとともにまとめました。対策方法や地域と近隣施設の関わり方などもわかりやすく解説しています。開設時の業務フロー作成やマニュアル制作の参考にしてみてください。

障がい者グループホームでありうるトラブルと
対策ついてはこちら

障がい者グループホームにおける居住形態

障がい者グループホームには、さまざまな居住形態があります。障がい者グループホームを開設するときの居住形態や種類などをまとめました。3つの居住形態それぞれにどのような特徴があるのかををわかりやすく解説しています。障がい者グループホーム開設時に、理想的な運営方法や注意点を考えるにあたっての、参考にしてみてください。「開設時に土地や地域がどのような場所なのか?」「立地はもちろん、運営ビジョン・コンセプトにあう居住形態は何か?」などをイメージしながら読むと、施設のビジョンがより具体的になります。

障がい者グループホームにおける居住形態
についてはこちら

グループホームの運営に必要なスタッフ

グループホームを運営するには、管理者、サビ管、計画作成担当者、介護職員など、複数のスタッフが必要です。担当する業務や必要な経験・資格は異なります。必要なスタッフの種類、業務内容、要件などを解説しています。

グループホームの運営に必要なスタッフ
についてはこちら

グループホーム経営における自力申請

グループホームの開業は、自力申請も可能です。しかし、様々な基準・要件があるグループホーム経営において、自力申請には、開業後に承認が取り消しとなるようなリスクもあります。自力申請のリスクや注意点をまとめました。

グループホームの経営における自力申請
についてはこちら

グループホームの開設で知っておきたい建築基準法

グループホームを開設するなら、建築基準法を知らなければなりません。利用者の快適な生活の確保以外にも「安全性」という面でも必要です。市街化調整区域には原則建てられない、耐震診断のクリア、消防法など生活に直結する内容ばかりです。

グループホームの開設で知っておきたい
建築基準法についてはこちら

バリアフリー法とは?

バリアフリー法は、障がい者が生活しやすいようにバリアフリー化を促進するための法律です。床面積2,000㎡以上の特別特定建築物は義務付けられており、2,000㎡未満でも努力義務が求められます。義務基準と誘導基準という2つの基準があるのも特徴です。

グループホームの開設で知っておきたい
バリアフリー法についてはこちら

障がい者向けグループホームの種類

グループホームの種類には、介護サービス包括型・外部サービス利用型・日中活動サービス支援型・サテライト型住居があります。日常生活を送る上での相談事や介護について、障がいや介護レベルに応じてサポート。サテライト型住居は一人暮らしに近い形態ですが、2年の利用期限が設けられています。

障がい者向けグループホームの種類
についてはこちら

障害者グループホーム経営の失敗例

障害者グループホームの経営が失敗してしまう原因として、さまざまなものが考えられます。ここでは開業する前段階で躓いてしまケースや、開業してから軌道に乗らず失敗してしまうケースなど、段階ごとの失敗例を紹介。成功させるコツも解説しています。

障害者グループホーム経営の失敗例
についてはこちら

障害者グループホームの防犯対策

障害者グループホームの防犯対策には、内部型の対策や外部からの侵入を防ぐなど、いくつかの方法が挙げられます。安心して障害者グループホームを利用してもらうためには、防犯対策は必須。ここでは犯行の種類や対策方法について解説します。

障害者グループホームの防犯対策
についてはこちら

障がい者グループホームの開設・経営で利用できる補助金・補助制度

障がい者グループホームを新しく開設したり、事業所を運営したりしていく上で、必要な経費などを支援してもらえる補助金・補助制度が存在します。

補助金は事業やサービスのコストパフォーマンスを高める上でぜひ活用したいもの。障がい者グループホームで利用できる補助金や制度に関しては、全国的に実施されているものから自治体独自のものもあり、まずはそれぞれの自治体の障害福祉課など行政窓口へ問い合わせて確認するようにしましょう。

障がい者グループホームで利用できる補助金・制度
についてはこちら

障がい者グループホームに配置しなければならない「サービス管理責任者」

障がい者グループホームなどの社会福祉事業の関連事業所において、専門家として配置しなければならない人材が「サービス管理責任者」です。

サービス管理責任者は各事業所において、入居者や利用者の安心安全な生活を守りつつ、サービス提供者を監督・指導し、さらに外部機関との連携も強化していくといった役割が求められます。

事業の収益化において重要なサービス管理責任者について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

サービス管理責任者
についてはこちら

グループホームの将来性

グループホームへの事業参入について考える上で、果たしてグループホーム事業にはビジネスとしての価値や将来性があるのか検討することは欠かせません。

現実問題として2025年に団塊の世代が75歳以上に達するなど超高齢社会の進行が挙げられており、今後は社会全体で一層にグループホームなど介護・福祉・医療に対するニーズが高まっていくと想定されています。

ここではグループホームの将来性について多角的に解説しています。

グループホームの将来性についてはこちら

グループホームの種類

グループホームは認知症に特化したタイプのグループホームと、障がい者向けのグループホームの2種類に大きく分けられます。

認知症に特化したグループホームは基本的に65歳以上の方で認知症を患っている方が対象となり、認知症の進行を遅らせることが目的です。

障がい者向けのグループホームは障がい者手帳を持っている方などが対象となり、地域の中で自立した生活を促すことを目的としています。人員配置なども異なるので、必ず確認しておきましょう。

グループホームの種類についてはこちら

障がい者グループホームの収益構造

障がい者のグループホームの収益は、主に利用者から支払われる費用と国保連から支給される給付金です。基本的には利用者が支払う費用は家賃や光熱費などで、ほとんど収益にはつながりません。

一方、実質の利益となるのが国保連からの給費金です。この給付金は利用者の障がい区分や世話人の配置人数などで変動します。世話人の数が多いほどサポート体制が整っていると考えられるため、給付金も増えるでしょう。まずはシミュレーションを行い、どの程度の利益が得られるのかチェックしてください。

障がい者グループホームの収益構造についてはこちら

グループホームの災害対策はどう考える?

災害対策を事前に考えておくことで、万が一の時の被害を最小限に抑えることにつながります。ただ同じような災害であってもグループホームのある場所や立地状況、建物、設備などによっても対策は変わってくるでしょう。周囲の施設との協力関係も重要です。複数の避難ルートも考えつつ、グループホームの状況にあった災害対策を具体的に考えることが大切になってきます。利用者の身体面・精神面など、それぞれの実情に合ったマニュアル・訓練を行いましょう。

グループホームの災害対策
についてはこちら

ペット共生型の障がい者グループホームのFCはある?

ペットと共生型の障がい者向けグループホームのフランチャイズも、決して多くはありませんが存在しています。ペットと共生型の施設にすることで他の施設との差別化を図ることができ、動物好きの介護スタッフも集まりやすくなるでしょう。また入所者にとっても癒し効果だけでなく、自然と体を動かす機会が増やせるなど身体面にとってもプラスの効果が期待できます。またサポートを受ける側ではなく、サポートする側としての存在意義にもつながるでしょう。

ペット共生型の障がい者グループホームのFC
についてはこちら

障がい者向けグループホーム事業参入のメリット・デメリット

障がい者向けグループホーム事業はビジネスとして安定した収益を期待できる反面、実際に事業を開始する前にきちんと事業戦略や経営プランを立てておかなければ経営失敗や事故発生といったリスクが増大してしまいます。

ここでは、障がい者向けグループホーム事業の事業性や価値を検討する上で重視すべき、ビジネスとしてのメリット・デメリットを詳しく解説していますので、自分なりの事業プランを立てる上で参考としてご活用ください。

障がい者向けグループホーム事業参入の
メリット・デメリット
についてはこちら

障がい者向けグループホーム経営のコツとは?

障がい者向けグループホームの経営を成功させようと考えた時、ビジネスとして効果的に活用できるノウハウやコツをあらかじめ理解しておけば、失敗リスクを抑えて収益性を高められるかも知れません。

ここでは、障がい者向けグループホーム事業の安定性を高めて経営成功の可能性を挙げられるよう、経営のコツやビジネスとして意識しておくべきポイントをまとめています。各内容を理解してグループホームの経営に反映させていきましょう。

障がい者向けグループホーム経営のコツ
についてはこちら

障がい者グループホームの「退去要件」とは?

障がい者グループホームにも退去要件があります。グループホーム側が退去勧告するケースと、利用者が自主的に希望して退去するケースです。グループホーム側が退去勧告する主な理由は、利用者の迷惑行為です。暴言や暴力、金銭的なトラブルや他の利用者の私物を窃盗する、大声や奇声や備品を壊すなどが挙げられます。他にも長期入院や費用を支払えないなどが理由です。利用者やその家族とトラブルにならないよう、退去要件を事前に伝える、ホームページに記載するなどの対策が求められます。

退去要件
についてはこちら

 

障がい者グループホームに配置しなければならない「管理者」とは?

障がい者のグループホームの業務や経理など、あらゆる業務に携わる役職です。1ユニットにつき1人の管理者の配置が必要。基本的に資格は必要ありませんが、介護施設などで3年以上の実務経験が求められています。他のスタッフの教育などにも携わる役職なので、高いコミュニケーション能力や業務をフォローする能力なども必要となるでしょう。兼務も可能ですが、業務負担が大きくなりすぎ、身体的・精神的なストレスが増えるため注意が必要です。

管理者
についてはこちら

障がい者グループホームに配置しなければならない「世話人」とは?

障がい者グループホームには、障がい者の入浴・排泄・食事などの日常生活のサポートを行う世話人を配置する必要があります。また雑談などを通して悩みをくみ取り、問題解決を一緒に行っていくことも大切な役割の一つです。世話人になるための必須資格はありませんが、障がいに関する基礎知識などは必要となるでしょう。また家事全般を行うスキルも大切です。生活支援員との兼務も可能ですが、それぞれの役割で勤務する時間帯を分けなければなりません。

世話人
についてはこちら

オススメのグループホーム
フランチャイズ3

わおん

1,012拠点

Kensei 共生.
net

274拠点

イグルー

63拠点

※Google検索「グループホーム フランチャイズ」の検索上位12社の内、公式サイトにFC展開拠点数を掲載している障がいのある方向けグループホームのフランチャイズ本部を調査。その数が多い上位3社を選定しました(2022年6月9日調査時点)。

関連記事一覧