ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » グループホームのフランチャイズ戦略 » どんな人が向いてる?

どんな人が向いてる?

同じフランチャイズに加盟しても成功する人とそうでない人がいます。運や環境の違いが影響することもありますが、フランチャイズに向いている人・向いていない人で業績に差が生じてしまうことも少なくありません。

そこでここでは一体どのような人がフランチャイズ経営に向いているのか、その特徴をピックアップしました。加盟後の成功確率を少しでも上げるためにも、フランチャイズ加盟を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

FC本部(フランチャイザー)との良好な関係を築ける人

グループホームに限らず、フランチャイズ経営とは本部であるフランチャイザーと加盟者側のフランチャイジーが相互に協力することで成立するビジネス形態です。そのためフランチャイザーとの良好な関係は大前提。

良好な関係というのは、単に言われたことだけを実行すればよいというわけではありません。アドバイスは素直に受け入れつつも、一経営者としてフランチャイザーに質問するなど主体性をもった動きが大切になります。

従業員のマネジメントができる人

介護系の事業で重要なのはスタッフの質。優秀な人材をいかに確保し、長く働いてもらえるかは収益に直結する大きな課題です。 そのためには、業務を遂行する能力を見抜く力とその人に合った仕事内容や職場環境を与え、成長させられるマネジメント力が必要。

事業者側の都合だけで無理に仕事をしてもらっても、すぐに辞めてしまったり、能力を発揮できなかったりします。マネジメントが不安な場合は、マネジメント研修を行っているFC本部もあるので、探してみるのも良いでしょう。

経営力のある人

経営力は経験によって十分培うことができるものです。会社組織での管理職や事業を立ち上げた経験がある人はすぐにコツをつかむことができるでしょう。フランチャイズ本部側の意向を汲み取って、状況を判断し積極的に行動に移すことがポイントです。

本部に対して疑念があったり無視した行動をしてしまう人はフランチャイズでの事業に向いていないと言えます。指示待ち人間も良くないですが、本部の理念を素直に受け入れつつ、一経営者として主体的に行動できる人が求められます