ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » フランチャイズで失敗するのってどんな人?

フランチャイズで失敗するのってどんな人?

フランチャイズの参画者は皆同じビジネスモデルで始めているのにも関わらず、オーナーによって成功と失敗が別れてしまいます。そこでここでは失敗してしまう人の共通点を紹介。成功するために何を意して運営すべきかについてまとめました。

オーナーの知識不足

オーナーの知識不足・能力不足はフランチャイズ失敗の理由の一つです。商品やサービスは本部が用意してくれますが、その商材や業界への高い理解度はもはや必要不可欠でしょう。 一経営者として、市場の動向に合わせて柔軟に対応することが求められるからです。知識がなくても本部からのサポートやアドバイスを素直に受け入れ、経験を積むことで売上を伸ばせるのですが、学ぶ姿勢がないと成長することができずに失敗してしまうのです。

フランチャイズオーナーの知識不足とは?

従業員のマネジメント不足

どんな事業も優秀な人材確保や人材定着率を上げることは常に課題です。従業員は多すぎても固定費がかさんでしまいますし、少ないと業務過多で仕事がキツくなり離職につながります。 オーナーにとって職場環境の整備や従業員の管理・育成といったマネジメントは非常に重要。特に慢性的な人手不足が懸念される介護市場で、マネジメントを疎かにしていると施設の運営が成り立たなくなるケースも見受けられます。

フランチャイズで苦労する
従業員のマネジメントとは

甘く見ていた経営の難しさ

フランチャイズは一から起業するより失敗率は低いと言われますが、安定して売上を維持する難しさはどこも同じです。売上が伸びない理由はさまざま考えられますので、さまざまな要因へ柔軟に対応する力が必要です。 介護業界は伸びている市場だけあって、競合他社も増加傾向にあります。経営を少しでも楽にするためには、サービスの独自性が重要。さらに本部の中には経営に関するセミナーや相談に応じてくれる場合もあるのです。

フランチャイズの経営を甘く見ていた

ゴールを設定していない

事業を成功させるにはゴール(=目標)設定が必要。目標を設定しないと、徐々に事業全体に活気が無くなり、業績が振るわなくなります。 売上だけでなく、組織や経営上の課題解決もゴール設定の一つ。問題点を明らかにして解決する機会を全員に与えることができます。 目標が高いことは良いですが、どう考えても達成不可能なゴール設定をしてしまうと、かえって従業員のやる気を消失させるので注意が必要です。

フランチャイズ成功のカギはゴール設定にある

フランチャイズ契約時にトラブルを把握していない

フランチャイズ契約に関しては、契約中だけでなく契約の前後にも様々なトラブルのリスクがあります。しかし、フランチャイズ契約の勧誘を受けて事業の良い面だけしか意識していない場合、トラブルの危険性を色々と抱えたまま開業へ進んでしまい、結果的に事業が破綻したり損失が拡大してしまったりといった状態になりかねません。

フランチャイズ契約におけるトラブルやリスクを理解し、しっかりと事業計画に反映させておきましょう。

フランチャイズ契約に際してのトラブルを把握していない