ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » フランチャイズで失敗するのってどんな人? » 経営を甘く見ていた

経営を甘く見ていた

事業というのは常に安定して売り上げを維持することは容易ではありませんが、それはフランチャイズビジネスにおいても同じです。売り上げが伸びない要因はさまざまあり、解決方法も要因に合わせて柔軟に考える必要があります。

フランチャイズの場合は本部の意向もあるため、調整が難しいこともありますが、逆にそうしたビジネス形態を活用することも可能です。ここではフランチャイズだからこそできる売り上げ維持の方法について紹介します。

思うように伸びない売り上げ

フランチャイズは、本部のノウハウを享受できるため、自分で起業するより失敗しにくいでしょう。しかし中には、思うように売り上げが伸びず、頭を抱えるオーナーもいます。 赤字が続き利益を確保できなくなると最終的に事業を継続できなくなるため早急に解決しなければなりません。

フランチャイズに加盟するにあたって忘れてはならないのは、あなたが一経営者になるということ。そのため売り上げを伸ばせるかはオーナーの経営力次第です。 もちろん景気や市場の変化など外的要因も影響しますが、そういった場合でも経営力が求められます。

経営に行き詰まった際のフランチャイズの強みは、本部や他の加盟オーナーの存在です。経営に関する相談や情報交換ができますので、一人で考え込まず、能動的に情報をキャッチし、解決の道を探っていきましょう。

売り上げを伸ばす秘訣はある?

売り上げを伸ばす秘訣があると言われれば誰でもその内容が気になるでしょう。秘訣とは、まさに「差別化戦略」です。 ここでは、今注目されている「介護・福祉業界」において例を挙げて説明いたします。 介護・福祉業界は、高齢者や障がい者の増加に伴い今後さらなる市場規模の拡大が予測されています。 これだけ伸びている市場であれば当然参入する企業も多くいます。 そのようなライバルが多い市場の中で、やみくもに加盟しても競合他社に勝てる保証はありません。

では、どうするか。それは、他社と差別化できるサービスをもったFC本部に加盟するということです。 提供サービスに独自性があれば、それだけでライバルに一歩差をつけ、集客(=売り上げ)がしやすくなります。 一般的に、同じエリア内に同じFC本部からの出店は行いませんので、同じFC本部内で、お客を取り合う心配もありません。

唯一失敗パターンがあるとすれば、優秀な人材を確保できないことでお客の満足のいくサービスを提供できず、売り上げが伸びないというケースです。 スタッフの質を担保するためには、マネジメント力を磨く必要があるでしょう。

フランチャイズ本部を探す際には営業方法や集客、人材集めなど経営に関するサポートに加えて、提供されるビジネスプランに独自性があるかどうかにも注目してみて下さい。

グループホームフランチャイズ
FC本部の選び方について知る