ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » グループホームのフランチャイズ戦略 » 人材採用

人材採用

企業経営ではヒト、モノ、カネ、情報が4大経営資源と言われています。事業内容により比重は異なりますが、労働集約型ビジネスであるグループホームにおいては「モノ」よりも「ヒト」が重要。収益にも大きな影響を与えます。

そこでここでは、グループホーム運営における人材の重要性や、人材募集の課題と現状についてリサーチ。グループホームでフランチャイズを始めるならどういった点に注意したら良いかについても解説しています。

グループホームはスタッフの質が命

グループホームのサービスの質は、利用者を支援するスタッフの質に集約されます。障がいのことをよく理解し、正しい知識や技術をもって、コミュニケーションができる人材が求められています。

人数だけ揃えれば何とかなるものではないのがグループホームの仕事。優秀なスタッフが少なければサービスの品質は低下し、利用者に定着していただくことは難しいでしょう。

サービスの質を高めるためにはスタッフの教育も必要。経験者ばかりが集まるとは限らないからです。したがって業務を遂行できる優秀で伸びしろのある人材とそれをマネジメントできる体制づくりが重要になります。

難航する人材集め

高齢化社会が進むにつれ、介護・福祉業界全体で人材の取り合いが始まっています。募集しても人が集まらないという状況が考えられます。 知識やコミュニケーション力が必要なグループホームで、優秀な人材を確保するのは簡単ではありません。

「障害のある人と援助者でつくる日本グループホーム学会」ではグループホーム設置・運営マニュアルを作成しています(※)。その中で労務関連も詳細に定めていますが、人材をいかに集めるかまでは記載されていません。

優秀な人材集めの方法として近道なのは、フランチャイズ本部のサポートを受けること。実は、本部によっては、採用サポートに力を入れているところもあるのです。 開業後に苦労しないために、加盟先を探す際には、人材採用に手厚いサポートを行っている本部を選ぶことをおすすめします。

※参照元:【PDF】日本グループホーム学会(http://www.jgh-gakkai.com/library/setup_manual1-176.pdf)