ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » フランチャイズで失敗するのってどんな人? » 従業員のマネジメント不足

従業員のマネジメント不足

フランチャイズは業界未経験で参入できるのがメリットですが、手放しで成功できるわけではありません。ビジネスモデルはFC本部が用意しますが、それをうまく活用できるかどうかは加盟店オーナーの実力次第なのです。

そこで重要になってくるのは、従業員のマネジメント。ここではフランチャイズにおけるマネジメントの難しさやその学習方法をまとめました。

従業員のマネジメントは難しい

フランチャイズだけでなく事業経営において、優秀な人材の確保や定着率を上げることは常に課題となります。従業員は多すぎてもコストがかかりますし、少ないと既存メンバーが業務過多になるため、オーナーには常にマネジメントが求められます。

経験などから得られる経営やマネジメント力といったものは、本や資料を読めばすぐに身につくというものではありません。事業の将来を考えた判断・能力が備わってないと適切なマネジメントは難しいでしょう。

例えば今、成長市場である介護業界をはじめとする労働集約型ビジネスの場合、スタッフの教育は喫緊の課題です。スタッフの質がサービスの質に直結してしまうため、長い目で見るとマネジメント力の有無が収益に直結してしまうのです。 教育から職場環境の整備まで従業員のマネジメントは、避けては通れないと言えます。

マネジメントを学ぶにはどうすればいい?

自ら立ち上げた事業においてマネジメントを学ぶには、事業主が試行錯誤を繰り返し、さまざまな経験を積むことで得ることしか方法はありません。しかしフランチャイズの場合は、本部がこれまで積み重ねてきたノウハウを共有してもらえる点が大きなメリットとなります。

FC本部の中には、マネジメントへのサポートとして、オーナーにマネジメント方法を教える研修や、従業員への研修などを行っているところがあります。対価を払って経営ノウハウを提供してもらうのがフランチャイズの特徴でもあるため、サポート体制がしっかりした本部なら安心です。

特に事業そのものや業界事情について詳しくない未経験者がフランチャイズを始めるのであれば、本部を選ぶ際にそうしたマネジメントにおけるサポートや教育体制が整っているかどうかを確認した上で契約することをおすすめします。

グループホームフランチャイズ
FC本部の選び方について知る