ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » グループホームのフランチャイズ一覧 » 株式会社アニスピホールディングス(わおん)

株式会社アニスピホールディングス(わおん)

わおんは、「レベニューシェア」という独自の契約形態で、ペット共生型の障がいある方向けグループホームを多数展開しています。ここでは事業やフランチャイズの特徴、フォロー体制や収益モデルなどについて紹介します。

わおん公式HP
引用元:わおん公式HP
https://anispi.co.jp/waon/

わおんのFC展開店舗数

トップページでは、FC展開している店舗数に注目し、グループホームのフランチャイズ加盟先を紹介しています。

障がい者向けグループホームの
おすすめフランチャイズ3選はこちら

わおんの特徴

“ペット共生型”という独自性で集客課題を解決!

ペット共生型障がい者グループホームを多数展開しているわおん。 ペットケア設備と専門知識を持つスタッフにより、アニマルセラピーを活用して精神障がいの症状改善や認知症予防にも寄与。犬と散歩することが外出のきっかけとなり、就労につながることもあるとか。 「犬や猫と一緒に住めるグループホーム」という独自性によって、動物好きなユーザーを集めることが可能。

事前研修で幅広い障がいへの対応方法を習得できるため、精神障がい者、発達障がい者、知的障がい者、身体障がい者、難病など、 障がい種別を問わず誰でも入居できる、という間口の広さもポイントです。

独自の契約形態により、低コストで自由な経営を実現

わおんが、FC展開店舗数600を超える(2021年8月時点)豊富な実績を持っている理由のひとつは、 “フランチャイズ契約よりも自由で、ライセンス契約よりもサポートが手厚い”という独自の契約形態「レベニューシェア」を導入していることにあります。 レベニューシェアは、ブランド名や契約期間後の更新などが自由なほか、事業の立ち上げや運営に必要なコンテンツを約100種類(2021年8月時点)用意しており、 オーナーのニーズに合わせて必要なものだけを選んで取り入れるという自由なシステム。そうすることでコストを抑えながらのグループホーム運営を可能にしています。 さらに、介護・福祉の分野につきものである物件探しや人材採用の課題もサポートでフォロー。初めての開業でも安心です

※参照元:わおん公式HP(https://anispi.co.jp/waon/business/)

わおんのフォロー体制

2つの研修で事業の立ち上げから開設後までを徹底フォロー

わおんでは、フランチャイズ参画者に対し、「わおん大学」「経営セミナー」の2つの研修を実施しています。 わおん大学では、事業を成功に導くための約30もの項目について40時間かけて研修を実施(※1)。障がい福祉事業の基礎からじっくり学ぶことが可能です。

経営セミナーでは、経営編と現場編の2つのテーマで年間22回(※2)の研修をオンラインで実施。 経営編では、経営に関する基礎的な内容をはじめ、営業方法や、人材採用、人材マネジメントなどグループホーム運営に必要な知識を幅広く習得できます。
現場編では、実際に現場で働くスタッフに向けて、介護技術や対人援助技術、個別支援計画書の作成・運用など、現場で直面する課題を先回りして解決。
このような手厚い研修によって開設後のサービスの向上、安定した経営をサポートしています。

※1参照元:わおん公式HP(https://anispi.co.jp/waon/business/)
※2参照元:わおん公式HP_経営セミナー(https://anispi.co.jp/waon/management_seminar/)

わおんのFC情報

初期費用 878万円~
ロイヤリティ 国保連請求額の3%
年間予測売上 3,109万円(ミニマムプラン「⼦(ね)組」)
年間予測営業利益 623万円
契約期間 2年(更新自由・更新費用なし)
開業目安期間 4~6ヶ月
電話番号 0120-949-615
公式HP URL https://anispi.co.jp/waon/business/