ここがねらい目 グループホームのフランチャイズ攻略ガイド » グループホームの開設に必要な基礎知識 » 障がい者グループホームでのトラブルと対策

障がい者グループホームでのトラブルと対策

障がい者グループホームを運営していると、さまざまなトラブルが発生するもの。トラブルの発生は入居者だけに限りません。スタッフが起こすトラブルも数多くあります。グループホームを開業する前に、起こりうるトラブルや対応方法などを学んで、予防に活かしましょう。

障がい者グループホームで考えられるトラブルとは

障がい者グループホームで起こりうるトラブルを、具体的にまとめました。「利用者のトラブル」と「スタッフのトラブル」に分けて紹介します。

利用者のトラブル

障がい者グループホームにおける利用者トラブルは、特に4つの項目がよく発生しやすいと言われています。

利用者の方が誰にも何も言わず、ふらっと出かけてしまって行方不明になるのはグループホームではよくあります。障がい者グループホームでは、独り言が多かったり大声や奇声を上げたりする利用者も多く、トラブルに発展することも。マンションやアパートタイプの障がい者グループホームの場合、足音を不快に感じる騒音トラブルもありがちなケースです。自分の感情をうまくコントロールできず、他の利用者やスタッフを叩いてしまうといった暴力もよくあります。

特に注意したいのが地域の方や近隣とのトラブルです。例えば、利用者が障がい者グループホームの窓からじっと覗いてしまい、不快に感じた近隣住民の方からクレームがくるケースがあります。長時間覗いてしまう利用者もいるため、施設側の注意・配慮が必要です。また、目を離したすきに外に出てしまい、ごみ収集所で出されるゴミを漁ってしまうケースも報告されています。

スタッフのトラブル

障がい者グループホームにおけるスタッフのトラブルは、2つのジャンルに分けられます。

障がい者グループホームでは、状況によって利用者の身体を拘束せざるを得ないケースがあります。しかし、不必要な身体拘束をしたり叩いたりといった「虐待」にあたる行為をスタッフが行い、トラブルがおこることもしばしば。障がい者グループホームの利用者は健常者とは違ってスムーズなコミュニケーションが難しいため、スタッフ側が暴言にまでエスカレートしてしまう場合もあります。これも心理的虐待としてトラブルに挙げられるでしょう。

求められる支援をわざとしなかったりコールを無視したりといった虐待行為も、障がい者グループホームで起こり得るトラブルです。金銭トラブルに関しては、利用者の貴重品や金銭などをスタッフが窃盗するケースも報告されています。

障害者グループホームでトラブルが起こった際の対応方法

もしも障がい者グループホームでトラブルが発生したら、施設としてはどのような対応をするべきなのでしょうか。対策を紹介します。

利用者のトラブルへの対応方法

利用者のトラブルは、4つの方法でスムーズに対応しましょう。

自分の思いや要望をうまく伝えられないもどかしさが、利用者の暴力や暴言につながっている場合もあります。できるだけ日頃からコミュニケーションを取り、信頼関係を構築しておくのが大切です。行方不明になったり周回したりなどのトラブルは、周辺施設のスタッフとも連携したほうがスムーズに解決できます。

スタッフ全員が同じ対応を取ることで、人による対応の違いが予防可能。また、利用者のご家族と密に連絡を取るのもトラブル回避のポイントです。「問題行動があまりに目立つ場合は、施設利用停止になる」こともしっかり事前に伝えておきましょう。

スタッフのトラブルへの対応方法

スタッフのトラブル防止には、充分な人員確保と現場の声のヒアリングが効果的です。仕事におけるスタッフのストレスや不満は、仕事のクオリティ低下にもつながります。例えば、利用者の虐待防止につながるように個人配置ではなく複数担当にして、できるだけスタッフの負担を減らすのもひとつの方法です。正社員でなくパートや派遣スタッフなどの雇用形態パターンを増やし、働きやすい環境作りも心がけると、トラブル予防につながります。